この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事納め

昨日で無事に2010年の業務を終了することが出来ました。

本当に、皆様、1年間ありがとうございました。

そして、お疲れ様でした。


今年は、「0宣言」と、グリーンライフグループとしての再スタートと、グリーンライフにとって大変革の1年でした。

お客様には、契約した後に、「0宣言」の仕様の変更が相次ぎ、何が何だか分からないはずなのに、我々を信用していただき、快く変更を承諾して頂いたり、協力会社の皆さんも、愚痴一つこぼさず?「0宣言の家」実現のために汗を流してくれました。

本当に、皆さんに支えられて今、会社があると、改めて実感した1年でした。


来年は、早々に強烈なオリジナル差別化商品である「にかわドア」が発売開始になります。

また、全国各地に「0宣言に家」のモデルハウスやショールームが次々と誕生します。


グリーンライフグループも当初の目標であった30社となりました。

数は力と言いますが、30社の力と知恵を合わせれば、かなりのことが出来ます。

もちろんですが、1社で同じ事をやるのとでは、雲泥の差があるわけです。


発足当時は、絵に描いた餅に思えたことも、今では現実的に思えるようになってきました。

まじめに、このすばらしい仲間達と、日本の住宅業界に旋風を巻き起こしたいです。


「俺は、1mmも嘘をつきたくない。」

ある時、澤田先生が発した言葉は、胸に刺さりました。


「1mmも嘘がない家づくり」

それが0宣言の家であり、グリーンライフグループの理念であると思います。


「正直者は馬鹿を見る」

そんな時代は終わりを告げ、正直者、本物だけが認められる時代になっていくのだと思います。

他人事のようですが、1年後、「0宣言の家」がどうなっているのか非常に楽しみです。



それでは、皆様、よいお年をお迎えください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。