この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリティシュヒルズ

IMG_0239.jpg

本格的なティンバーフレームを計画中のA様と、ブリティシュヒルズ

何度来ても良いものです。

「本物だけがアンティークになれる。」

材料はもちろん、職人さんまで、全てイギリスからわざわざ来て建てたそうです。

日本の宮大工さんとか、茅葺き屋根の職人さんが、外国に行って、日本の古民家を復元したような感じだと思います。

細かい作りは、さすがに日本と比べると雑ですが、全体から醸し出す雰囲気が、それをカバーしてるというか、関係ないですね。

木材の割れや荒々しさが、かえって「建物の味」を増しています。

IMG_0233.jpg

皆さん、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。