この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

永遠の0(ゼロ)

同じ0(ゼロ)ということで、「0宣言」に関係している訳ではありませんが、久しぶりにはまりました。


永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る



私事ではありますが、先月、親父が亡くなって、自分のルーツを改めて見つめ直す機会がありました。

この太平洋戦争で、長谷川家は私のおじいちゃんとその弟が戦死しています。

要するに、親父の父が戦死した訳です。

それからの長谷川家のルーツを詳しく知れば知るほど、ご先祖様の苦労と努力や、親戚や地域の方々に感謝しなければいけないと思っていました。


そんなタイミングで、嫁さんの枕元にあった本を、何気なく手にとって少し読んでみたら、、

はまりました。。


はじめは、ただの特攻隊の話なのかと思ってましたが、違いました。

小説ですが、かぎりなく真実に近い形で書かれていると思います。

一人の零戦パイロットを通じて、家族愛、男らしさ、戦争の醜さ、悲惨さ、そして、特攻隊の真実・・・

戦後、私たち日本人が失ってしまった大事なこと、

色々なことを考えさせてくれる本です。


最後は、新幹線の中で涙を流して読み終えました。

600ページとちょっとぶ厚いですが、かなりおすすめです。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する