この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道 酪農

IMG_0380.jpg

北海道の酪農といえば、イメージはこれですよね。↑

話を聞いてみると、放牧はほとんどないと言います。

要するに、生産効率が悪いので、牛舎で人工の餌を与え、少しでも多くの乳を絞り出す為に徹底的に効率化されているらしいのです。

国の政策もそっちの方向で補助金を出したりしているそうです。



それを聞いて思ったのは、住宅業界と同じだな、、、と。

ほとんどの商売がアメリカ的資本主義?

要するに、徹底的な効率化を戦後、国を挙げてあらゆる産業を押し進めたのが原因だと思います。


極端に言えば、儲かれば、法律を犯さなければ何をしても良い。という考えです。


酪農でいう放牧は、住宅で言えば、我々がやっている「0宣言」みたいなものですね。


本物だけが生き残る時代、本物だけが認められる時代。。。

Sさん、もうすぐその時代が来ます。

信じてお互いにがんばって、とことんやり通しましょう

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。