この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地松の梁

IMG_0806.jpg

IMG_0801.jpg

グリーンライフの新しいバージョンの家です。

柱は国産杉の15センチ角 

と、通常より少しだけ太い柱

に、梁は、同じく幅15センチ高さ36センチの地松(国産の松)


この国産松の梁が、今回のポイントです。


一昔前の日本の家の梁には当たり前のように使われていましたが、最近は、割れる、ねじれるという特性が敬遠され、クレームとなり、日本全国、全くと言っても良いほど使われなくなりました。

今では、集成材や米松がほとんどではないでしょうか?


大工さんに聞いたら、割れてねじれることにより、結合部が強くなるので、金物なんかいらねえんだと言ってました。


施主と大工さんの間に、木の知識のない現場監督や営業マンが入ったのが原因だと思いますが、きちっと木の特性を伝えなかった為、木の特性である割れ、ねじれが全てクレームになってしまいました。

結果、今では、国産材を看板にしているハウスメーカーや工務店でさえも、実は、梁には集成材や米松が使われているケースがほとんどです。

で、今回、実験的にお施主さんの了解を頂き、始めて使用してみました。


なかなか、いいもんです。

現場は、本社の近くですので、いつでもご案内できますのでお問い合わせください。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。