この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

想いを込める

昨日のブログに山下ホームさんの現場視察のことを書きましたが、今期、山下ホームさんは、前年比160%アップくらいの受注ペースだといいます。

全国データーで、新築の着工棟数が数年前の半分にまで落ち込んでいる中、かなりの数字です。


その原因は何ですかね、との問いに、山下社長は、

色々な要因が良い結果として表れているのであって、一概にこれだというものはないが、強いて言えば、「想い」を込めて仕事をするってことでしょうね。』と、、

一緒に宴会に同席した山下ホームの大工さんも

『今は、道具が良くなって昔ほど技術が要らないから、その分想いを込めてつくっている』

と言ってました。


その思いが、日本一きれいな現場に現れているのではないかと思います。


また、具体的な紹介はそんなに多くはないけど、契約してからとか、建て終ってからとか、お施主さんから、実は誰々さんから山下ホームさんがイイよと言われたというお客様がかなり多いといいます。

要するに、「口コミ」ですね。


何年もの地道な「想い」が、ようやく伝わってきたというのが、この驚異的な数字となって表れているのでしょう。

「利益は後から付いてくる。」

まさに、それを実践している山下ホームさんでした。


Comment

埼玉のティンバー says... "想い"
施主側にしても「このメーカーなら・・・」という想いで、「財産」を託すわけですから、すべてのハウスメーカー・施工業者が同じレベルでこの「想い」を持って欲しいですね。
2010.06.09 00:11 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する