この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張報告 新潟・長野

月曜日から長野、新潟と出張でした。

写真がありませんが、月曜日は、新潟燕市の笹口工務店さんへ。

現在、ポスト&ビームとティンバーフレームのモデルハウス件事務所をを建築中です。

手すりのデザインなど、仕上げの打ち合わせでした。

グリーンライフ燕として、新潟で本格的にログハウスとティンバーフレームをやっていきます。


そのまま、笹口さんの車に乗り換え長野の生体エネルギー研究所へ。

午後から、2日間にわたり、住環境想造研究会の勉強会が長野県で行われました。

全国から会員が集まり、定期的に開催していますが、事例報告などもありかなり勉強になります。

今回は、特別出演?で、愛知県のティンバーフレームのお施主さんであるSさんの事例報告というか、体験談の発表がありました。

実際に、お金を出して建築をして住んだ生の体験は響きますね。

Sさんは、このすばらしい家を一人でも多くの人に広めたいと、興味のある方の見学は、歓迎してくれるそうです。

もし見学したいという方がいらっしゃいましたら、弊社までご連絡ください。

電 話 0120-91-3969
メール service@glife.co.jp


また、グリーンライフグループのメンバーでもある小田原ハウジングさん木村建設さんの事例発表もありました。



そして、2日目の午後からは、グリーンライフグループの全体会議が開催されました。

グリーンライフグループのメンバーは全社、住環境想造研究会に入会しています。

今回の会議では、まずは、全社でベクトルをあわせて誰にも真似できない「0宣言」を押し進めていこう。

そして、その0宣言をベースとして、「長持ち」「健康」のキーワドの家づくりで、日本一のグループになろうという決意を確かめ合えたと思います。


また、船井本社の船井社長も会議の内容を聞かれていましたが、会議終了後「0宣言」の定義

「長持ちしない建材や、健康に悪い建材を出来る限り排除した家づくりをするという私たちの誓い。」

のなかの、「出来る限り」をとった方がよいという助言をいただきました・・・。


まだまだだなぁ~

ということで、早速削除しました。



全国で「0宣言」が本格的にスタートします。


日本の住宅革命がはじまります。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。