この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ログハウス

長野にいます。

今は、時代が悪いから、良くなるまで何もせずにじっとしているという選択がありましたが、どうやら、今回はそうはいかないようです。

住宅業界も120万戸から、ここ数年で80万戸に減少してしまいました。
「いずれは」と、みんなが予想はしていましたが、こんなにも急激に減るとは誰も予想はしていませんでした。

時代の変化に対応し、会社も変化しなければいけない訳ですが、なかなか、今回ばかりはかなり思い切った舵きりをしないとダメなようです。

そういう意味ではグリーンライフは、いままでかなり変化してきました。。

まず、創業時は、造園屋でした。

造園と言っても、バブル期のゴルフ場開発の造園です。

それもバブル崩壊とともになくなり、その後、店舗工事に参入しました。

これは、一時期は、北海道から九州まで日本全国どこにでもいきました。


今振り返ってみても、かなりのチャレンジャーでしたが、時代の変化に対応して行かなければ「倒産」しかありませでしたから。。。

スタッフも、よくついてきてくれたもんです。感謝しています。


考えてみると、創業から一貫してやり続けているのが「ログハウス」です。


グリーンライフには「ログハウス」はなくてはならないものですが、この時代の急激な変化に対応する為に、この「ログハウス」をやめなければいけないほどの舵を切らなければならなくなったとしたらどうするかと自問自答してみました。


答えは、「絶対にログハウスはやめない」ですね。

理由は、ログハウスがないグリーンライフはグリーンライフでなくなるから。。


昨日の、お酒の席での先輩方の話の中で、「自然界や世の中に必要とされない業態は、いずれ滅びる」という話がありましたが、全くその通りだと思います。



ログハウスが必要とされない時代、そんな寂しい時代がくるのでしょうか。。。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0242721769.blog98.fc2.com/tb.php/816-376554f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。