この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の値段(天然素材の家)

ティンバーフレームやポスト&ビームも木造軸組工法ですが、それらとの大きな違いは、樹種にあります。

ティンバーフレームとポスト&ビームは、カナダ檜(ウエスタンレッドシーダー)で、しかも、樹齢150年以上のオールドグロス(原生林)にこだわっています。

一方、天然素材の家は、「国産材(杉・檜)」にこだわっています。

まずは、ここまで、ご理解いただけたでしょうか。


次に、違うのが、構造材の太さです。


ティンバーフレームとポスト&ビームは、19センチ角、24センチ角(テォンバーフレーム)やポスト&ビームは直径40センチを超える丸太材を構造材として使用しています。

一方、天然素材の家では、10.5センチ角と、15センチ角の2種類の太さがあります。



それでは、天然素材の家の値段の話になります。

基本的な仕様は、ログハウスとティンバーフレームと全て共通になります。

違うのは構造体だけです。



天然素材の家105(10.5センチ角)は、52万/坪(床面積40坪基準)


柱は壁の中に隠れてしまいますので、すっきりした内装になります。

梁については、表しが標準となります。



天然素材の家150(15センチ角)は、55万/坪(床面積40坪基準)


主要な柱、梁は表しとなります。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0242721769.blog98.fc2.com/tb.php/768-5946fdb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。