この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

【重要】0宣言とは、

国は、あまりにもシックハウスが多くなって問題になったため、2003年に、ホルムアルデヒドの放散量の基準値を決めて規制しましたが、あまりにも甘い基準で、その基準の最高レベルのフォースター(F☆☆☆☆)でさえ、人体に危険な化学物質が含まれているらしいのです。

なんと、この法律で国土交通省が規制したのはホルムアルデヒドとクロルピリホスの2種類だけ(赤字)なのだそうです。

厚生省が人体に悪影響を及ぼすと指定している有害物質は13種類(下記のとおり)もあるのに、なぜか国土交通省で規制したのは2種類だけです。

ホルムアルデヒド
トルエン
キシレン
パラジクロロベンゼン
エチルベンゼン
スチレン
クロルピリホス
フタル酸ジ-n-ブチル
テトラデガン
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル
ダイアジノン
アセトアルデヒド
フェノルカルブ

なぜ、国土交通省は、上記の2種類のみにしか規制をかけなかったのでしょうか・・・。

要するに、これ以上制限してしまうと、新建材の産業自体が成り立たなくなってしまうので、人間の健康よりも、企業の利益を優先させたと思われても仕方ないですよね。

極端な話ですが、規制のかかっていない化学物質は、どんなに使用してもいいし、表示義務もありませんから、何が使われているのか分からないのです。。。

恐ろしいことです。


正直、わたしも、恥ずかしながら、この本を読むまでは、安心して使用していました。


でも、知ってしまったからには、

「出来るだけ、有害な化学物質を排除した家造りをしよう。」

というのがグリーンライフの「0宣言」です。


とことんやります。



<フォースター(F☆☆☆☆)とは・・>

F☆☆☆☆(Fフォースター)は、JIS工場で生産される JIS製品に表示することが義務づけられている、ホルムアルデヒド等級の最上位規格を示すマークです。2003年3月21日の壁紙の日本工業規格(JIS)改正によって、ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を表すために新たに表示することが決められました。壁紙「JIS A 6921」規格における改正のポイントは4項目あり「ホルムアルデヒドに関する基準取り決め」が主な内容となっています。F☆☆☆☆と表示されている建材や内装材だけが、建築基準法によって使用量が制限されません。F☆☆☆やF☆☆になると条件付きの使用や使用量の制限があり、F☆のものは内装材としての使用は禁止されています。

しかしながら、発散量が少ないというだけで、全くホルムアルデヒドを放散しないものではないということに注意する必要があります。






1.「合板0」

下地材、仕上げ材には、合板を一切使用しません。



2.「集成材0」

構造体は、無垢材を使用します。集成材は一切使用しません。



3.「クロス0」

クロスは一切使用しません



4.「木工ボンド0」

食べても大丈夫な、膠(にかわ)を使用します。


5.「IHクッキングヒーター0」

電磁波の怖さも知ってしまいました。

自宅もIHクッキングヒーターですが・・・



知らないとは、本当に恐ろしいことです。

Comment

福島市のH says... "我が家も合板0ですよね。"
こんばんは この間は面白い本をいただきありがとうございました。GLさんもやっと私の考えに追いつきましたね。自然派住宅と言いながら下地とはいえ合板を使っているのは「どーもなー」と思っていました。ぜひ0宣言徹底して進めて言ってください。生体エネルギーにも期待しています。
2010.01.23 19:38 | URL | #- [edit]
長谷川真児 says... "Re: 我が家も合板0ですよね。"
どうもです。
業界では、やり過ぎという意見も少なくありませんが、ここまできたら、とことんやり対と思います。


> こんばんは この間は面白い本をいただきありがとうございました。GLさんもやっと私の考えに追いつきましたね。自然派住宅と言いながら下地とはいえ合板を使っているのは「どーもなー」と思っていました。ぜひ0宣言徹底して進めて言ってください。生体エネルギーにも期待しています。
2010.01.27 23:05 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0242721769.blog98.fc2.com/tb.php/762-730f7ec8