この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅」・・・その後

ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅―日本の住宅の寿命26年、ヨーロッパは140年。その違いは!?ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅―日本の住宅の寿命26年、ヨーロッパは140年。その違いは!?
(2009/11/20)
澤田 升男

商品詳細を見る


昨年11月20日に発売され、誌面の中で当社のことも紹介頂いている澤田升男の著書「ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅」が、凄く売れてるらしいです。

本日のアマゾンでも、1位です!


さらに、なんと、株式会社船井本社会長の船井幸雄様のホームページ「船井幸雄.com」「去年(2009年)読んでもっとも感激した本」ベスト5に紹介されているとのこと。。。

船井幸雄様は、ご存じの方がほとんどだと思いますが、コンサルタントの草分けで、著書も、百冊を超えるんではないかと思います。

私も何冊か読みましたが、先を読む力というか、洞察力というか、お会いしたことはありませんが、本を読んだだけですが、凄い方だなぁというイメージを強く持っています。

まして、その船井先生が、年間何百冊も本を読んだ中でのベスト5ですので、これは、本当に凄いことだと思います。

本の題名、そしてその内容が本質をズバッと突いていると言うことが、公に認められたようなものだと思います。


毎月、お問い合わせ頂いた方から先着10名様にプレゼントしていますので、どしどしご応募ください。






Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0242721769.blog98.fc2.com/tb.php/754-21ab4c94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。