この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウスメーカーと官僚がだめにした日本の住宅

過激な題名ですが、政権交代した今の時代にタイムリーな題名ではないでしょうか。

10月11日(日)に会津若松にて開催される 本当によい家づくりとは「住宅計画」勉強会

の講師である澤田升男氏が執筆した本の題名です。

一般書店では12月に発売になるらしいです。



前回の本、全国の工務店が認めた「本物の家づくり」も、おもしろかったですが、今回は、かなり、バージョンアップしているようです。

全国の工務店が認めた「本物の家づくり」全国の工務店が認めた「本物の家づくり」
(2008/10)
澤田 升男

商品詳細を見る



会津若松の方のみならず、1時間、2時間かけても参加する価値が十分あります。

住宅計画の本質の部分が理解できます。

私も、何回か聞きましたが、毎回新鮮で、納得し、勉強になることばかりです。


この題名の意味がきっと分かります。



今週、新聞に載りますので、毎回、満席になりますので、お申し込みはお早めにお願いします。


お申し込みは、こちらからどうぞ


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0242721769.blog98.fc2.com/tb.php/693-a3e56bd0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。