この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

カナダ研修視察ツアー2009

2年ぶりの開催になります。
残念ながら、今回は業者さんだけの参加になります。

前回のミーティングの様子↓
10019567465.jpg


今回の一番の目的は、レッドシーダーの素晴らしさを、見て、聞いて、触れて、感じてほしいという事です。

私も長年レッドシーダーを取り扱って来ましたが、2年前のツアーに参加し、レッドシーダーの素晴らしさを再認識しました。
レッドシーダーの事を、本当に理解し、好きな人にしかレッドシーダーの家を建ててはいけないとさえ思うほどでした。

シーダーの年輪↓
10019567648.jpg


レッドシーダーは、それほど貴重で素晴らしい木です。
まして、オールドグロロス(原生林)は、当然ながら、年々少なくなって来ており、いつ、手に入らなくなってもおかしくない状況にあります。

また、よく、原生林を使うのは自然破壊では?
と質問されますが、現地に行って、専門家の話を聞くと、日本の方がよっぽど自然破壊をしているのが分かります。

緻密に考えられた計画のもと、自分の山でさえ、国からライセンスをもらわないと伐採出来ないほど厳しいのです。
それも、申請すればもらえるというものでもありません。


レッドシーダーのログハウスとティンバーフレームを建てたい!!
と心から思う方は、是非、ご連絡ください。

予算が、、、

と思う人でも、シーダーが好きでしたら、何とかします。

本当に、そう思わせるほど凄い木です。

全国のシーダーファンの皆さん、ようやく全国施工が出来る体制が整いましたので、お気軽にお問い合わせください。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0242721769.blog98.fc2.com/tb.php/620-3d20a069