この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

グリーンライフ物語

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ


今では、グリーンライフが、まして、私が造園や土木の現場の第一線でバリバリ働いていたことを知る人は少ない。


社内でも、佐藤部長くらいか、、、、


大型のブルトーザーやユンボ、大型ダンプ、とりあえず、一通りの重機は今でも人並み以上に運転する自信があります。


建築は、自分の家も含めて、2、3棟くらいですが、基礎工事は数十棟やりました。




今では、見る影もないとはよく言ったもので、、、、


「机に座ってパソコンに向かっている現場も分からない社長」


というイメージを持っている人も少なくない。


時々、業者さんが


「どうせこの社長には現場のことは分からないだろう」


と、ごまかしをする時がある。


もちろん、すぐにバレバレ、、、、



人間、過ちや失敗は誰にでもあることなので、ある程度は目をつぶるが、ごまかしは許されない。


自分には優しく、人には厳しく・・・・




自己紹介 に書いてある通り、グリーンライフの前身は造園土木の会社で、猪苗代のリステル のスキー場の造成工事や、今でも上村愛子 など、フリースタイルの選手が練習するウォータージャンプは、父が元気な頃一緒にやった仕事です。


グリーンライフになり、ログハウス事業を始めても、当初はそれだけでは会社を維持していくのは無理だったので、ゴルフ場の造園、造成工事を請け負ってやっていたんです。


今考えると、結構な実績です。


ゴルフ場だけでも、沢山ありますが、代表的なものとして、、福島県内だけでも


アルツ磐梯のスキー場・ホテルエリア

移植・造園


アルツメローウッドカントリークラブ

移植・造園(9番と18番ホールの間の雑木林は、私の作品?です。)


河東カントリークラブ

造成、造形(バンカー・グリーン)、植栽

(19番から27番ホールは全てグリーンもバンカーも造りました)


ボナリ高原ゴルフクラブ

地下の排水工事の一部(測量は8割くらい私がやったのですが、大丈夫でしょうか?)

第2砂防ダム

移植・造園


その他、県外も含めて十数か所のゴルフ場の造園工事をやってました。


また、千円札にもなった野口英世記念館の管理(雪囲い)などもやってました。



今だから、白状しますが、まったくの素人集団で、とりあえず、カッコからだと、ニッカズボンと地下足袋、のこぎりと剪定バサミなど、造園道具一式をみんなの分買ってきたのですが、いかにも素人に見えてしまうので、わざと洗濯してしわだらけにしたり、ベルトやヘルメット、のこぎり、はさみなどを汚して、使い込んだようにしたり、、、


まぁ、今考えると、恐ろしいです、、、、。



でも、人一倍努力もしました。


最初、仕事を覚えるのに、まだ、磐越道が開通してない頃、8時にはゼネコン(多分、大成建設)のラジオ体操と朝礼が始まるので、5時に起きて那須高原のゴルフ場まで2ヶ月くらい通いました。



また、全国展開している一部上場企業である「ゼビオ 」さんの「スーパースポーツゼビオ 」店舗の内装工事(木工時)を今でもお世話になってますが、北海道から九州まで担当させていただいてました。


皆さんのお近くにあるスーパースポーツゼビオ さんの「木」の部分は、90%の確立で、グリーンライフが施工してます。



そういえば、全日本スキー連盟公認のスキー学校も経営してました。




ということで、


グリーンライフをもっと知ってもらうためにも、


「グリーンライフ物語」


という題名にして、昔の面白い話を書いていきたいと思います。


自分で思い出しても、面白いし、今では常識はずれなことが多いので、皆さんにも面白いのではないかと思うのですが、、、、、



それでは、少しずつ、時間があるときに、、、



お楽しみに、、、



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0242721769.blog98.fc2.com/tb.php/62-dd9ffc23