この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰とやるか

昔読んだビジネス書に、

「何をやるか」が大事ではなく、

「誰とやるか」が大事と書いてあったのを思い出しました。

先日の名古屋勉強会で、ログハウスとティンバーフレームの説明をさせてもらったとき、冒頭で自己紹介を簡単に終わらせ、商品の説明に入った訳ですが、ある人から、

「もっと、長谷川社長の人となりをあのまま話した方がいいよ。」

「出来れば、マッキンリーの話なんかもした方がいいよ。」


と言われました。

その時は、そうなんだ、、、と軽く聞き流していましたが、逆の立場で考えてみれば、確かにログハウスやティンバーの商材も大事ですが、やっぱり、

「これから一緒にやっていく人がどういう人なのか。」

というのも、同じくらい大事ですよね。

極端に言えば、いくら良い商品でも、人間性を疑うような人とは一緒にやりたくないですよね。

そういう意味では、スタッフも、今回のプロジェクトを一緒にやって行く仲間達も最高の人たちです。



自分の家を依頼するにも、

「どんな家をいくらで建ててくれるのか」

というのはもちろんですが、

「どんな人たちが建ててくれるのか」

というのも、同じくらい大事ですよね。

ということで、

早速、ホームページに「はじめに」という項目を新設して、私の人となりを簡単ですが今までより少し詳しく紹介させていただきました。

また、スタッフのブログも読んでいただければ、人となりが分かると思います。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0242721769.blog98.fc2.com/tb.php/546-e42e6728
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。