この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次も見比べてください

DSC_5695.jpg


大好評の総檜のマシーンカットログハウスに続いて、今月末の29日、30日には、郡山市にて「高耐久木造住宅」の完成見学会が開催されます。

檜も新しい取り組みですが、この建物も、基本的な仕様、性能は,
ポスト&ビームやティンバーフレームと同じですが、外観は、今までのグリーンライフらしくない「和風」スタイルです。


先日の総檜のマシーンカットログハウス完成見学会では精度、仕上がり共に絶賛していただきましたが、今回も、負けず劣らずのかなりの自信作です。
是非、今回も、同じようなコンセプトで建てている各メーカーの見学会に行ったり、展示場と比較してください。

檜のログハウスと同じく、このシンプルな外観は、不思議と日本人にはしっくりくるみたいですね。

檜のログハウスは、一般の方以外にお役所さんや同業者の方々の問い合わせや見学がありましたが、高耐久ログハウスも、県内外から同業者の見学の申し込みがあるようです。

ログハウスで培った技術を一般住宅に取り入れているのですが、それが普通の工務店さんには新鮮で斬新みたいですね。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0242721769.blog98.fc2.com/tb.php/482-ea2eaaf3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。