この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家再生

10044562479.jpg


最近、築70年から100年くらいの建て替えの相談が相次いでいます。

今日も、会津の大きな農家の家に行ってきました。

古民家の建て替えを考えている皆さんが、共通して

「この太い柱や梁を新しい家に何本でもいいので使うことが出来ないか?」

と言います。


もちろん、その木材のコンディションにもよりますが、十分可能ですし、ログハウスやにとって、腕の見せ所というか、本領発揮の部分です。


また、長く住めば住むほどボロボロにはなりますが、その分、家に対するご家族の思いが大きくなります。

それを考えると、ビフォーアフターではないですが、どこかに昔の面影を残せるようなプランを考えたくなります。


それぞれの家族の歴史に深くかかわれるこの建築業は、その分大変ではありますが、非常にやりがいのあるすばらしい仕事だと、再認識しました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0242721769.blog98.fc2.com/tb.php/361-86ff351a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。