この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住まいと健康・家族に関する調査

いよいよ、始まります。

首都大学東京大学院との恊働事業として、都市システム科学専攻域の星旦二教授のご協力により、住まいと健康の関係を明らかにすべく、全国的な調査が始まります。

具体的には、生活の基本となる「住宅」を取り巻く望ましい環境が望ましい生活習慣に繋がり、「家族の成長」と健康寿命」にどのように影響を及ぼすのかを調査いたします。

もっと具体的に言うと、「0宣言の家」に住んだ人と、「工業化製品の家」をはじめ、「なんちゃって健康住宅」に住んだ人とは、どのような差がでてくるかを、長期間にわたり調査するものです。

正式に国の予算で行われる調査です。

その調査結果の第一弾は早ければ、半年後くらいに出てくるらしいです。


今月中に全国各地で説明会が開催され、その後にユーザーの皆さんにご協力のお願いに伺う事になります。

「食事と健康」とか、「運動と健康」の因果関係はほぼ、解明され尽くしていると思いますが、「住宅と健康」に関する因果関係を本格的に調査、解明する事は初めてだと思います。

我々が徹底してやり続けた「0宣言の家」の素晴らしさが結果次第では、公的に認められるかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。