この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ログハウス仮設住宅

昨日は、午前中の導入研修の後、本宮市のログハウスの仮設住宅にて炊き出しボランティアでした。



震災の年のちょうど今頃、必死になって造ってました。
今思うと、これだけのものを1ヵ月ちょっとの工期でつくったのですから、当時、精神状態は普通じゃなかったと思います。

今、もう一度やってみろといわれても、同じメンバーでも厳しいと思います。


さて、炊き出しボランティアのほうですが、天気もなんとか持ちこたえ、かなり盛りあがりました。

自己満足かもしれませんが、喜ばれ、感謝されると心が洗われるような感じがします。

また、ログハウスは、かなり人気らしく、他の仮設は半分以上空きがあるらしいのてすが、ここは、ほとんど空きがないばかりか、なかなか先がはっきりしない中、このままで良いという意見がでるくらい住みごこちが良いとのことです。

ではでは、皆さん、大変お疲れ様でした。

ありがとうございました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。