この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の住宅は汚染室だって 

昨日、換気について勉強してみたら、本に、こう書いてありました。

09.jpg


「換気の目的」

換気により、室内空気の汚染に対して、汚染空気を希釈して適当な濃度以下に保ち、快適にするものである。

建築基準法の改正により、2003年7月1日より施工された室内のシックハウス対策として換気設備の義務づけ等の改正がなされた。



また、一般的に住宅に使われている第3種換気については、「汚染室」に適していると書いてありました。。。

08.jpg


もちろん知ってはいましたが、、、、

こうして改めて公的な本で見ると、びっくりしてしまいます。


要するに、国は、

「国民の皆さん、日本の家は、毒だらけの建材を使った汚染された家だから、換気をしっかりしないとシックハウスになってしまいますよ!」

と、悪い事とは思わずに、公に言っているのです。

なんか、、

この本を書いた人も、おかしいと思わないんでしょうね。。

おかげで、ハンドカットのログハウスにまでも丸太に穴をあけて、換気扇を沢山つけなければいけなくなってしまった訳です。。

困ったものです。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。