この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生涯勉強

矢山式気功能力開発セミナーに参加するため、佐賀にきてます。

矢山先生は、私たちが加盟している住医学研究会の発起人でもあり、初代理事長です。


毎回、人生初の体感をさせていただいています。

また、懇親会も含めて、矢山先生の面白くて為になる話を色々と聞かせていただきました。


そんな中で、心に残った話をひとつご紹介します。

今回は、矢山先生のご家族も懇親会までご一緒したのですが、子供の話になり、

勉強しろといっても、子ども達はやらないから、こう話したそうです。


人生、生涯勉強しなければいけない。

勉強には二通りある。

「答えがある勉強」と「答えのない勉強」の二通り。

大きく分けると、 学生の勉強は、「答えがある勉強」で、社会にでると「答えのない勉強」を沢山しなければいけない。

「答えがある勉強」も出来ないのに、人生の大半の勉強である「答えのない勉強」なんて出来るはずがないんだと。

子ども達は、しっかりとその言葉を受け止め自主的に勉強をしはじめたそうで、現在は、芸術家と、医学部と自分の道を見つけ、勉強中とのことです。


「いただき!」


と思いましたが、長谷川家の場合、

ほぼ、、

すでに、、

手遅れのようです・・・


まだ、小さなお子さんがいらっしゃる方で子供が勉強しなくて困っている方は、試してみる価値ありだと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。