この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想プラン

次号の夢丸の連載「ログプラン妄想リレー」が出来ました。

内容はお楽しみですが、まずは、書き始める前に「妄想」をWikipediaで調べてみました。


妄想とは、非合理的かつ訂正不能な思いこみのこと。妄想を持った本人にはその考えが妄想であるとは認識しない(むしろ病識がない)場合が多い。精神医学用語であり、根拠が薄弱であるにもかかわらず、確信が異常に強固であるということや、経験、検証、説得によって訂正不能であるということ、内容が非現実的であるということが特徴とされている。日常的な会話でも用いられることもあるがそのときはいかがわしい考えや空想を表し、必ずしも病的な意味合いを含むわけではなく軽い意味で使われている。


また、様々な精神疾患に伴って生じることがあるともありましたので、とりあえず、非日常的なプランの方が良いのかなぁと思い、考えて書き上げました。

あとは、後付けで文章を作成するだけです。



妄想プランを考えていて思ったのですが、そもそも、ログハウスそのものが、「妄想」であって、ログハウス屋って、考えてみると、妄想癖がある人ばかりではありませんか。。。

妄想癖とは、世界三大イタ病のひとつで中二病の初期症状のひとつ。実際にはないものを脳内に構築し、実際にあるかのように考えてしまうことを言う。妄想を外に出してしまうとこう言われる。更にこれが進行すると妄想症という立派な病気として扱われ精神病院行きとなる。

第一回目の井上さんしかり、第二回目の大岩さんに至っては、もはや進行して、妄想症になっていると思われます。。

私から、バトンを受け渡す人も、かなり、イッテしまってマス。。


まぁ、ある意味、妄想癖があるから面白い変わった建物が出来る訳ですし、誰にも迷惑をかける訳でもないので良しとしてください。

では、皆さん、いつまで続くか分かりませんが、

「ログプラン妄想リレー」

楽しみにしていてください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。