この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「経営と規則」

昨日開催されたグループ主催の秋野先生による就業規則の講習会ですが、まさに、目からウロコでした。

ちょうど、就業規則を作り直そうとしてたころなので素晴らしいタイミングでした。

就業規則といえば、まさに、「規則」で、なんとなく「守らなけれはいけないもの」、守らさなければいけないもの」という形式ばったイメージですが、そうではありませんでした。

簡単にまとめると、就業規則は、「経営」と「規則」の両方の視点で考えなけれはいけないということです。

と言っても、意味がわからないと思いますが、昨日の講習会を聞くか聞かないかでは、根本がまるで違う訳ですから、数年後は会社自体がまるで違うものになるのではないかと思います。

秋野先生、ありがとうございました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。