この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「住と健康」

昨日は、月に一度の「神様が宿る家推進協議会」理事会が開催されました。

その月に発生した問題点を改善したり、進捗状況を確認したり、報告事項なども含めるといつも議題だけでA4用紙4〜5枚になります。

添付資料を含めると数十枚になります。


内容は様々ですが、1社では出来ない事、やらない事がほとんどです。

逆に言うと、仲間がいるから出来る事、やれる事ばかりです。


「神様が宿る家推進協議会」の名称が「住医学研究会」に正式に変わる事になりました。

「食と健康」について考え、研究する組織は沢山ありますが、意外と「住と健康」について本気でデーターなどを取り研究している組織は意外と少ないようです。

お医者さんや大学の教授さんを中心に、様々な方が理事として我々の会に参画してくださるようです。


今後、全国で、様々なアンケートやデーター取りが本格的に計画され実行されるようになります。

「食と健康」についての関連書籍は沢山ありますが、「住と健康」に関する書籍はほとんどありません。

近い将来、「住医学研究会」から発表された様々な研究データーが掲載された「住と健康」に関する書籍が当たり前に本屋さんに並ぶ事を想像しています。

「住」は「食」と同じくらい、間違いなく「健康」に直結していると思います。

その割には、住宅を建てる時にそれを気にしている人はほとんどいません。

住宅業界の常識を根本的に変える事が出来るかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。