この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断熱が大事です。

最近、築20年ほどで建て替えをご検討しているお客様が、続けてご相談にいらっしゃいました。

共通した理由は、寒い、暑い、そして、結露です。

やっぱり、間違いなく大切なのは断熱です。



建てて20年足らずで建て替えを考えなければいけないということは、精神的にも、金銭的にも、大変なことだと思います。


戦後に建築された日本の住宅の寿命は、28年と数年前に発表されました。

住宅ローンは、最大35年、、、

その差が7年あります。


200年住宅のキャッチコピーの元に始まった長期優良住宅に認定されている家も、28年の寿命の家と、断熱の仕様が、それと変わらない家が数多く見うけられます。


国で認定していて、大丈夫なのでしようか?
あくまでも、自己責任?

少し、心配です。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。