この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロエミッション

「ゼロ宣言に、ゼロエミッションを加えようよ~」

先日の勉強会の上がりで、大阪のおでん屋でほろ酔い気分の無添加計画の平塚社長が急に真面目な顔して急に仕事の話をし始めました。


ゼロエミッション(Zero emission)とは、自然界に対する排出ゼロとなる社会システムのこと。産業により排出される様々な廃棄物・副産物について、他の産業の資源などとして再活用することにより社会全体として廃棄物をゼロにしようとする考え方のこと。


ゼロ宣言の家は恐らく、今の住宅業界の中でも一番ゼロエミッションの考えで出来ているとの事。


「もうひとつ、ゼロエネルギーも~」

住宅の気密性能を表す数値に、C値というのがあります。

我々が否定している高気密高断熱の家では、このC値を競い合っている訳ですが、なんと、ゼロ宣言の家の仕様は、そのC値(数字が低いほど隙間が無い)が主要なハウスメーカーの半分以下だそうです。


その他にも、なんか、難しい事色々言ってましたけど、、

要するに、我々がつくっている家って、住む人の健康や耐久性を考えて、自分たちは当たり前のように色々とやってるけども、そればかりではなく、地球環境に対しても、大変優れているとの事でした。


「じゃ、平塚社長、次の理事会まで分かりやすくまとめてきて。」

と頼みましたが、、

多分、覚えてないですね。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。