この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三方よしの家づくり

先日のブログでも書きましたが、グリーンライフの家づくりの共通理念である

「三方よしの家づくり」

「作りてよし、買い手よし、売り手よし」

この三方よしのそれぞれの意味を皆で考えようと、アンケートをとったものを一つの説明文章にまとめたものを本日行われる協力業者会の総会で発表します。



「作り手よし」とは、

作り手の一人一人が真心を込めて家づくりをする事により、買い手と売り手に感動を与え、心から喜ばれる家(神様が宿る家)ができあがります。
感動を与え、感謝される事により、仕事に誇りとやりがいが生まれ、技術力も高まり、さらに満足される仕事ができるようになります。

「買い手よし」とは、

買い手は、作り手と売り手と一体となって家づくりを共感・共有する事で、より満足度の高い家ができあがります。
満足度が高く、健康で住みやすく、長持ちする家(神様が宿る家)に住む事により、家族が幸せで健康な人生を送る事が出来ます。

「売り手よし」とは、

売り手は、本当に良い家(神様が宿る家)を提案し、作り手と買い手のパイプ役として、作り手と買い手が満足出来る環境づくりをする事で信頼されます。
また、自分の家を建てる気持ちで、真心を込めて家づくりのサポートをする事で、多くの人たちに感謝され、喜び感動を与える事ができます。


「満足」「感謝」「感動」「喜び」がキーワードです。


では、総会&忘年会に行ってきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。