この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省

一昨年、あるお客様からクレームを頂きました。

ブログに、地鎮祭や上棟式の事を書いたら、

「どうしてうちには来てくれなかったのか」と。

そのクレームを頂くまでは、なるべく私が出席出来る日を選んで、地鎮祭や上棟式や引き渡しをやるようにしていました。


どうしても都合が付けずにいけなかったのですが、、タイミングが悪い事に、その週に地鎮祭があり、その様子をブログに載せたのを見て、お客様がどうしてうちには来なかったのだろうと思われたそうです。


ちょうどその頃から、着工棟数が増えたのと、同時期に出張が増えたので、私の都合に合わせて地鎮祭や上棟式や引き渡しをやって頂くのが物理的に無理になってきました。

一番痛いのが、月に半分ある出張です。。


その頂いたクレームがきっかけで、

だったら、一層の事、平等に?地鎮祭や上棟式や引き渡しは出席しないと決めました。



でも、やっぱり、自分としても出たいのです。

お客様は、一生に一度の大イベントです。

そこに、頼んだ会社の代表が来ないのは、どう考えてもおかしいのです。


ただ、現実的に、全部出るのは物理的に不可能ですので、出来る限り出席したいと思います。

今後、最低でも3回のイベントのうち1回は出席したいと思います。


営業担当者の皆さん、そして、お客様、、我がまま言いますが、、よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。