この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケジューリング

本日は、久しぶりに自虐ネタです。

スケジュール管理

仕事の基本だと思います。

今の時代、便利になり、携帯やパソコンがあれば社員のスケジュールがどこでも確認出来ます。


時々確認するのですが、スケジューリングの大事さを何度も説明していたつもりですが、私の伝えかたが悪いのか、月内のスケジュールどころか今週のスケジュールもきちっと記載されていません。。。


まずは、なにをおいてもスケジューリングだと思うのですが、、、

自分の場合は、出張から帰ると、2~3時間かけて、まずは半月くらい先のスケジュールの確認やタスクの確認に費やします。
移動の方法や効率的な順を考え、関係する人への再確認、変更依頼、最後にチケットや宿の予約などをダブルチェックします。


まさに、「段取り八分」を実感しています。

スケジューリングの精度が上がると、仕事の精度も上がり、スケジューリングが適当だと、仕事の精度も下がるばかりか、二度手間など倍の時間がかかったりします。

改めて調べてみると、

「段取り八分」とは、仕事を進める上で、事前の準備がいかに重要かを表した言葉。
仕事の段取りをキッチリしておけば、その仕事は8割完了したも同然であるという意味。


スケジュール管理もせずに仕事をすると言う事は、まさに、この前書いた木こりの話だと思います。


多分、現在のグリーンライフの環境であれば、スケジュール管理をきちんとすれば、半分とまでは言わないまでも、3割くらいは短い時間で同じ成果を出せるのではないでしょうか。

まずは何よりも、スケジュール管理の徹底です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。