この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木こりの話

以前にも書きましたが、もう一度木こりの話です。

社員の皆さん、仕事を一旦止めて、じっくりと胸に手を当てて読んでみてください。


t0169_S.gif


ある日、旅人が森の中を歩いていると、一人の木こりに出会った。

その木こりは、森の中で木を切るのに忙しそうだったが、旅人はちょっと休憩のために少し休んで行くことにした。

そして、一所懸命木を切っている木こりを見ていた。

旅人は、その木を切る姿を見ていて、木こりが一所懸命切るわりには木がなかなか切れないのを不思議に思って、木こりののこぎりを見てみると、随分と刃こぼれが目立っていた。

そこで、旅人は親切心で、

「木こりさんよ、そののこぎりは随分と刃こぼれが激しいようではないか、のこぎりの目を立直してから切ればもっと良く切れるに違いないだろうから、少し休んで目を立てたらどうですか?」

と言った。
 
そうすると、木こりは旅人に向かって、

「旅人さんよ、ご忠告は非常にありがたいがの、わしは今非常に忙しくってのこぎりの目など立てているヒマがないんじゃよ」

と言いながら、一心不乱にまた木を切りはじめた。



この話の教訓は、「目を立直す」と言う自己の目的・目標にとって最も重要なことを行わないで、「木を切る」という今一番緊急なことを最優先することで、仕事をしている割には成果が出ない、結果的には、生産性の低下をもたらしてしまっていると言うことです。

私たちは、ややもするとこう言った「重要なこと」より「緊急なこと」を優先して仕事をしがちです。


一生懸命やってもやっても成果が上がらない時や、時間がいくらあっても足りないと感じている時は、まずは立ち止まり、自分の仕事を客観的に見てみることです。

大体が、ポイントがずれている、優先順位や、順番が、逆だったりと仕事のやり方が間違っています。

現状に満足せず、理想の仕事のやり方をみんなで作り上げましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。