この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプル・イズ・ベスト

「ヤッパリ家は、シンプルが一番いいよね。」

「同感です。」


昨日、あるご夫婦と「家」について色々と話た時の結論です。

ご夫婦は、ここ20年くらいの間に、店舗と住宅に、1億円、いやいや、2億円近くかけてしまったとの事。

普通に神様が宿る家の仕様で建てたら、約半分で出来た坪数です。


何故、そんなにかかったのかというと、、、

まずは、素人が見ても分かるほど複雑な外観、そして、木造や鉄筋コンクリート、鉄骨と入り混じった混構造。

間違いなく、設計事務所が、予算度外視で設計した事が原因のようです。


別棟が、老朽化したため、建て替えを計画中ですが、真四角で雪対策も考え、片流れ屋根という、これ以上シンプルにつくれないでしょうというくらいの建物になりそうです。

シンプルでかっこ良くつくる。

まさに、ログハウスがこれです。

なんだかんだ言っても、ログハウスは、四角に大きなシンプルな大屋根が一番似合います。

そこには、自然にでてくる黄金比があります。

家づくりの原点がそこにあるのではないだろうか。

ふと、そんなことを思ったのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。