この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗から学ぶ

今更ですが、イチロー選手が日米通算4000本安打を達成したときのインタビューで、

「4000本安打の喜びの陰には、8000本の悔しさがある、、それと常に、自分なりに向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね」

と答えてました。

要するに、4000本の成功に喜ぶのではなく、8000本の失敗に向き合い、腐る事無く努力した結果がたまたま4000本になったと言う事。



まさに、成功する人と成功しない人の思考の違いはここにあると思います。



例えば、、ですが、ゴルフでいつまでも100を切れるか切れないかでなかなか上達しない私はこうです。

OBや池ポチャなどのミスショットはすぐ忘れ、

たまたま当たってまっすぐ誰よりも遠くに飛んだショットで喜び、

たまたま運良く入った10m近くのロングパットを喜び、

たまたまOBのはずが、木にあたりフェアウエーまで戻ってきたのを自分は運がいいと喜ぶ、


そして、今日は、点数は関係ないやとばかりに大はしゃぎ、

やっぱりゴルフは面白いなぁ〜またやろうと、、、


方や、いつも70台でまわる人は、数多くのナイスショットよりも、ひとつのミスショットを悔やみ、反省するそうです。


この思考の差は、我々が思うより、遥かにとてつもなく大きいでしょう。

でも、その思考をなかなか変えるのは難しい。



仕事でも同じだなぁとつくづくと思う今日この頃です。

同じ物事をどう考えるか。


では、今日は、東京に行ってきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。