この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生体エネルギー

昨日は、澤田顧問と、プラスワンテクノロジーの桂さんと長野県にある生体エネルギー研究所に行ってきました。

目的は、佐藤先生と理事長に今までの経緯説明と、新たな組織での再出発のご挨拶です。

生体エネルギーについては、住環境想造研究所が解散した当時、今後、どうしたいかというアンケートをグリーンライフグループの会員の皆さんにとりました。

結論は、ほとんどの人が、正直、怪しいし、良く分からないし、面倒だし、、、この機会にやめたいという気持ちも正直ある。

しかし、あの、なんとも言えない家の中の清涼感が無くなるのは怖いので、やっぱり続けたい。

という意見でした。

使いたく無いという会員の皆さんも、そのほとんどが、理不尽な突然の解散に感情的になっているだけでした。

要するに、会としての結論は、今まで通り標準仕様として、生体エネルギーの技術を採用したいというものでした。


色々な誤解も解け、より良い関係をこれから築いていけそうに思いました。

全国の生体エネルギー関係者の皆様、改めまして、今後ともよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。