この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

駕篭に乗る人

”駕籠(かご)に乗る人担(かつ)ぐ人そのまた草鞋(わらじ)を作る人”

世の中には階級・職業がさまざまあって、同じ人間でありながらその境遇に差のあることのたとえ。また、そのさまざまの人が、うまく社会を構成していることのたとえ。


人それぞれに役割や、向き不向きがあるという事、、、会社でいうと、適材適所とも、とれるでしょうか、、

まさに、会社は、色んなポジションの人がいて、それらの仕事の結集が、1つの大きな成果につながっていきます。


大事なことは、まずは、自分に与えられた役割を全うする事ではないかと思います。

そして、お互いの役割を尊重し、感謝し合う事ではないでしょうか。


昔の人の言葉は、奥が深いですね。