この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割れ窓理論

何度かブログに書いている「割れ窓理論」

グリーンライフが、もうワンステージ上にいくにはどうしたら良いかと、結構長い間考えていました。

なんとなく、最近、とりあえずこれかなぁと思った事が、この「割れ窓理論」


経営者である私の仕事は、社内のあらゆる割れた窓を見つけ、直し続ける事なのに、、

「これくらいはいいか」とか、

「しょうがない」とか、

「事なかれ主義」で二十数年やってきましたので。。


工事現場などは、まさに「割れ窓理論」がぴったりハマります。


現場を綺麗にしたら、労災事故が少なくなるというデーターもあるほどですから。


二十数年間かけてつくられたグリーンライフの

"事なかれ主義DNA"

をどうやったら直せるか、断ち切る事が出来るかが、今一番の課題です。


それには、色々考えましたが、それを地道に時間をかけてつくってきた当事者の私だけでは無理?なので、社員さん、職人さんなどみんなで、割れた窓を探しては直すのです。

どうでしょうか?

「ローマは一日にして成らず」

と言いますから、継続して、昨日のブログに書いたように習慣化する、、、



突然ですが、、業務連絡、、

とりあえず、次の全体会議まで、1人3個、割れた窓を探してきてください。

とりあえず、、とりあえず、、みんなでやってみましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。