この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡のリンゴ

先日、奇跡のリンゴを見てきました。

よく、11年間もあきらめずに良くやり遂げたなぁと思います。

無農薬、、、ゼロ宣言に通じるものがありました。

共通してる事は、やり遂げるにはそれ相当の「覚悟」が必要だという事。

そして、最終的に支えたのは家族でした。

我々が扱い始めた「奇跡の杉」も、今までの常識をくつがえしました。

開発者の伊藤社長も、高圧乾燥では、木がかわいそうだと、かなり試行錯誤して作り上げたそうです。

奇跡のリンゴと同じように、杉にとって一番気持ちの良い環境は何かと考えた結果だそうです。


余談ですが、明日、女川町で上映される「1/4の奇跡」

と、最近、奇跡つながりですね、



また、今年の夏は、もう一本見たい映画があります。

7月27日に公開される「終戦のエンペラー」です。

全くのノンフィクションでは無いらしいのですが、、

たまに、映画を観る余裕をもって、仕事をしたいものですぬね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。