この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良にて

ということで、その後、井上さんの方で打ち合わせを重ね、プランとか、予算とか概略がまとまったという事で、奈良県に行ってきました。

お客様は、井上さんが、神様が宿る家の仕様でつくるのが初めてという事で、お客様が不安だという事と、井上さんも遠方なので大丈夫かという不安があったそうです。


まず、ゼロ宣言のことについて説明させて頂きながらなるほど思ったのですが、技術的には全く難しいものではなく誰でも出来るという事。

もちろん、グループでしか入手出来ないオリジナル資材等々はありますが、一番大事なのは、「やる気」で、特別な技術はそんなには必要ないという事です。

なかなか、神様が宿る家は、見えないところまでこだわりがあり、面倒な事が多いので、それを愚直に継続する事が難しいだけなのです。

誰でも「やる気」さえあれば出来る事なのに、何故、ほとんどの工務店が出来ないのか、、、


「素人のお客様に分からないんだから、ここまでやらなくても良いんじゃないの?」

悪魔がささやくのです。

「そうだな、今回だけいいか。」

「いやいや、ダメダメ!!」

と、こんな感じですかね。



次に、遠方で不安という件。

もちろん、遠いより近い方が良いに決まってますが、最終的には「人」なんだと。

近くても、対応が悪いと駄目ですし…

もちろん、近くで良い人だったら最高ですが…

まして、レッドシーダーのログハウスを理解し、それを神様が宿る家の仕様でかっこよくプロデュースしてくれる人は、なかなかいないのではないでしょうか。


ということで、井上さんとは、酒しか飲んだ事ないけれど、、お客様には、

「大丈夫ですよ」と…


ではでは、H様、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。