この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つの心

ひとつの大きな山をとりあえず超えたという感じでしょうか。

今まで、スタートから二人三脚で頑張って歩いて来た伊豆山さんの電撃離脱により、実は、ここ数日、かなりゴタゴタしていました。

住環境想造研究会の存続が、今回の大きな問題のひとつでしたが、伊豆山さんとのトップ会談のなかで、私は、後継者もつくらず、創業理事長が自らの意思で、しかも、突然辞めたのだから、会も理事長の責任で幕を降ろすべきだと意見をだしました。
また、同会のオリジナル商品である各種OEM商品も同じ理由で全て同時に廃止すべきであるとも、

結論として、伊豆山さんは、私の意見を全面的に受け入れてくれました。

もちろん、内部のゴタゴタでお客様には、一切のご迷惑をお掛けしないという事が、大前提にありますので、心配はありません。

今回の件では、「一ミリも嘘のない家づくり」を実践し、会として継続することの難しさを実感しました。
ウソを一切つかずに成り立つビジネスは、そうはないのではないでしょうか。
まして、ウソだらけの住宅業界の中では、至難の技です。

困難な事を継続していく過程では、当然、様々な問題が起きます。これからも起きるでしょう。
もちろん、そこには、色んな意見、思いがあるわけです。
それを、ひとつひとつ解決し、まとめ、継続していく事は並大抵の事ではありません。


突然ですが、、

何事にも、3つの心が大事なんだそうです。

1つ目が、「 発心 」。
さあ、やるぞ、と心を奮い立たせるもの。

2つ目が、「 決心 」。
やると心に決めたことを、実行するもの。

3つ目が、「 持続心 」。
その決心を、やり続けること。


いずれにしても、今回の件をマイナスにすることなく、ブラスにしなければなりません。

みんなで、3つの心を大事にして、前を向いて進んでいこうではありませんか。

伊豆山さんにも、エールを送りながら…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。