この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の言葉

この方のブログに書かれてた事です。


これは私の好きな話です。

昔、台所のシンクのことを「流し」って言いました。

昔、日本は、お姑さんのことやいろんなことで、お嫁さんも辛いことが多かった時、

お母さんは、家族に背中を向けて、お皿を洗いながら、辛いことも、いやなことも、涙

も、洗い物と一緒に水に流す。

そして、洗い終わった時、涙も流し終わり、
笑顔で家族の方へ向き直る、、。
「流し」にはそんな意味があるそうです。

感情を無いものにするのではなく、
ちゃんとしっかりと感じて、洗い流し、清めて
笑顔で家族に向き直る。



日本語もそうだし、日本の家づくりは奥が深いんです。

改めて、私たちの仕事の重要性を感じました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。