この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間があり、久しぶりに本屋に行ってみたら、

「アベノミクス」関連の本でいっぱいになってました。

JD2.jpg


周りでも、仕事が忙しくなったとか、株やFXで儲けたという話がちらほらと聞こえてくるようになりました。

タクシーの運転手に聞いても、なんとなく景気が良くなってきているようだと言います。

都内を歩いていると、桜も咲いているので、気分的のも明るく前向きな気持ちになりますね。



実感は全くありませんが、全体的に全体の空気は良くなっているようなので、とりあえず、「アベノミクス」成功しているのでしょうか。

「気は病から」

とも言いますので、とりあえず、バブル崩壊してから、「不景気は当たり前」という負け癖がついていたのを、「景気が良くなる」、「良くなっている」と思えるようにした事は、考えると凄い事ですね。


なんとか、日本経済を救ってほしいですね。

子供達が将来に対して夢と希望を持てる国になってほしいものです。


我々も、「住宅」を通して、微力ながらがんばっていきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。