この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博愛の家

研修終了後、昨年、設計を手伝わせて頂きました秋田県大館の「博愛の家」に、完成後は初めて太田社長とおじゃましてきました。



↑この本に載っていますので、是非、ご覧ください。
カメラマンさんも興奮して、時間を大分オーバーしたくらい素晴らしい家です。

あーでもない、こーでもないと、K様と議論を重ねた事、工事中の苦労話などを話しながら、そのまま、K様の家に泊まらせて頂きました。

考えてみたら、自分が携わった家に泊まらせて頂いたのは、初めてかも知れません。

しかも、フル装備の「神様が宿る家」に泊まって体感させて頂いたのも初めてです。


K様には、施主の立場から、家をつくる過程で気づいた事、工務店や職人に対して改善した方が良い事などを業者会などで話をして頂けるとの事です。

また、これから建てる人にも、色々なアドバイスをして頂けるようです。

大変参考になり、勉強になる事なのでうちでも、やって頂こうかなと、、、


振り返ってみると、こんな感じで、本当にお施主様に我々は教育され、育てられているんだとつくづく思います。

今度、夏にお邪魔して広い庭でBBQをやる約束をしましたので、また、秋田に来たいと思います。

日本一図々しく、KYな社長でした。


K様、ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。