この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災

昨日の地区の総会は、色んな意味で大変勉強になりました。

色んな考え方、色んな人がいて、自分の中の常識は非常識だったり、もっともっと広い視野を持たなければいけないと考えさせられた総会でした。

さて、2年前の今日は言わずと知れた、東日本大震災があった日。

早っ

つい先日の事の様です。

ちょうど、猪苗代の事務所にいたのですが、最初は、パソコンのディスプレイを押さえたりしてたのですが、さすがに事務所に居れず、みんなで外へ飛び出しました。

車は、タイヤが浮くほど跳ねてるし、隣のゴルフ練習場のコンクリートの柱とネットはユサユサ揺れてるし、尋常な揺れではありませんでした。

男性陣は、次の日から、郡山で開催される住宅展に出店するため、ビックパレットで準備中でしたが、天井がはがれ落ち、会場はめちゃくちゃだったそうです。

揺れが収まると、まずは、社員と社員の子供達の安否確認をしましたが、運良く全員、無事でした。


とりあえず、自宅待機としましたが、あの時の津波の映像は衝撃的でしたね。

原発が爆発したときも、なんとなく、遠い国のことか、映画の世界にいるような感覚でした。


なにはともあれ、我々がボランティアに行っている女川町の人たちの話を聞くと、命があった事に感謝しなければ行けませんね。


今日は、午後から、全体会議があります。

震災が起きた午後2時46分には、みんなで黙とうをささげたいと思います。

合掌。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。