この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想の工務店像

今、競争社会の中、ほとんどの業界で価格競争が行われています。

住宅業界も同じで、ほとんどの工務店、ハウスメーカーが他社との価格競争の中、生き残りをかけて戦っています。

特に、ローコストの分野は大変らしいです。

値引き合戦で、最後の最後まで天秤にかけられ、、、無理な値引きをし、やっと契約になります。

お施主様も、当初より100万も安く出来ると喜びますが、これでは、いい家が建つ訳は無いと思います。



さて、我々の場合は、どうでしょうか。

全くとは言いませんが、ほとんど価格競争には巻き込まれていません。

ほとんどのお客様が、「神様が宿る家」を気に入ってくださり、他社と相見積もりすることもありません。

もちろん、その前には、展示場にいったりして、色々な情報を得て比較をしている事は言うまでもありません。

競争がないから高くなるのではないかという心配もありますが、決してそれはありません。

適正利益率を定め、それ以上の利益は頂きませんし、グループで、本当に血のにじむようなコストダウンの努力をしているのです。

たぶん、何も考えず、普通の工務店が我々の仕様で家を建てたら、坪100万くらいになるかもしれません。



このように、私たちの家づくりを100%信用して託されると、作り手としては、少しでも安く良いものをつくってやりたいと思います。

逆に、最初に書いたように、信用されず、最後まで天秤にかけられ、最終的に契約して頂いても、適正利益を割っている訳ですから、少しでも早く、利益を上げようとします。

これは、原理原則だと思います。

「だってにんげんだもの」〜相田みつを



まだまだ、発展途上ですが、私たちは、「神様が宿る家」という素晴らしい商品のおかげで、間違いなく、理想の工務店に向かっていると思います。

私の考える「理想の工務店」とは、工務店、施主、そして関わる全ての業者、その家族全員が、神様が宿る家の建築を通して幸せになる事です。

まさに、「三方よし」が理想の工務店です。


これからは、神様が宿る家と言う素晴らしい商品に甘える事無く、それにふさわしい工務店、そして、一人一人が素晴らしい人間に成長していかなければいけません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。