この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様が宿る家認定書

認定書


この度、「神様が宿る家」を建築するにあたり、それに関わる団体、資材メーカーなどで構成される「神様が宿る家認定委員会」が組織され、「神様が宿る家の認定書」を発行する事になりました。

「神様が宿る家」は、「1mmも噓の無い家づくり」というキャッチコピーのもと、澤田さんが開発したダブル断熱を更に進化させたトリプル断熱ゼロ宣言生体エネルギーの技術を取り入れ、本当にユーザーの為になる事だけを考えて造られた家です。

さらに、先日ブログで紹介した「見える化」をはじめ、様々な検査や、他社やハウスメーカでもではやっていない取り組みを自主的に行い、ユーザーとともに噓の無い家づくりをしようとしています。

また、日本で広まっている風水や家相が、インチキというか、元々のものをかなり簡素化したものだと分かり、正しい風水、家相鑑定をみんなで勉強し、そこまで提供しようと言うものです。


認定書の検査項目は、それ以外にも、工種別に一つ一つ、プロでしか分からないところまでも、厳しい基準を定め、ほんとうに、ここまでやるかというくらい徹底します。

その全ての項目をクリアーされたものが、初めて認定書を発行となります。

もう、ここまで来たら、トコトンやるしかないですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。