この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見える化

グリーンライフグループ全社で取り組む事になった「見える化」

以前から、独自で取り組んでいた毒の検査(VOC検査)、構造計算、完成保証に加え、

断熱検査、音の検査、放射能検査が加わります。



ここまでやる、いや、やれるところは、日本、いや、世界広しといえども、全棟徹底して実施出来るところは間違いなくグリーンライフグループだけでしょう。


更に、他の厳しい標準仕様とともに、第三者機関や、グリーンライフグループの厳しい審査があり、その審査に合格すれば、神様が宿る家の認定書が発行されることになりました。


我々が「見える化」をやる意味、目的は神様が宿る家の「1mmも噓の無い家づくり」のキャッチコピーのとおり、お客様に隠し事をしないで全てを見せること、隠すところが一切無いということを分かってもらい、安心してもらう事です。

逆に言えば、住宅業界は、少なからず嘘を言ったり隠し事をして家を建ててる現状があると言い切る事が出来ます。

異論がある同業者の方がいれば、クレームを堂々と出してもいいですし、我々のやっている「見える化」を全棟実施出来るのか問いたいと思います。

ハウスメーカーの社員はほとんど自分の家を勤めている会社で建てない事は有名ですが、その事からも私の過激な発言は証明出来るのではないでしょうか。

他を批判してアピールするのは本意ではありませんが、この凄い事をどうしても分かって頂きたかったのでお許しください。

では、詳しくは、お近くの仲間にお問い合わせくださいませ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。