この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

断熱

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ



建物の寿命という意味で考えたとき、一番怖いのは内部結露だと私は思います。

もちろん、基礎や構造なども重要ですが、「怖い」という意味は、内部結露は外部に見えないということです。


例えば、基礎のヒビ割れ、傾き、雨漏り・・・などは、誰にでも目で確認できますが、内部結露は隠れているので、確認できないどころか、表面の壁に出てきた頃は手遅れだということです。


一概には言えませんが、一般的に普及しているグラスウールは、ほとんどがいい加減な施工をしているために、内部結露をして、かびているか、重みで下にずり落ちています。


かび


これは、知り合いの解体業者さんから聞いた話であり、実際に、見て、経験していることです。

(※もちろんきちっとした施工をすれば問題ありません)


断熱材に関しても色々と探しました。


断熱


色々と試行錯誤した結果、現在では、コストダウンにも成功し、現場発泡ウレタンフォームのフォームライトSL を標準仕様としています。

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0242721769.blog98.fc2.com/tb.php/15-cf400efd