この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子と

今日は、プライベートなBlogです。

先日、たまたま出張帰りに都内にいた長男と待ち合わせをして、初めて二人きりでお酒を飲みにいきました。


考えてみたら、私は親父と二人で酒を飲みにいった事も無かったし、行きたいとも思いませんでした。

誘われた事も誘った事ももちろんありません。


高校からカナダに留学した息子は、今後の進路について悩んでいたようです。


そしたら、なんと、隣の席に、高校時代のスキー部の後輩が会社の上司といるではありませんか。

某大手商社の名刺をもらいました。

考えてみたら、いつの間にか我々も各方面で活躍する年代になってきました。


まさに、働き盛りの年代です。


息子の悩みも少し聞いてもらったりして意見を聞いてみましたが、二人の共通した結論は、


「俺たち、若い頃は何も将来の事など考えてなかったよな。」

「考えてるとすれば、いかに女性にモテるか。。。」


「だから、真剣に考えてるだけあんたは偉い!」と。



もちろん、話はまだかみ合いませんが、まぁ、息子と一緒に飲む年代になったんだなと、、、

そのうち孫の顔を見ながら飲むようになるんですかね、、、


なんか、人生を感じた夜でした。


ということで、今日はとりとめも無い話でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。