この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本という国

1年の間に4回も伊勢に行ってこの方に涙ながらに日本の国の素晴らしさを何度も聞かされた私は、かなり洗脳されてしまいました。


今回、神話を体感する会に参加させて頂き、自分たちが生まれ育った日本という国が、世界にも誇れる自慢できる国であるということを一人でも多くの国民が知ることが日本を再建する唯一の道だということを改めて思いました。

選挙が終わったばかりですが、政治家がいくら良い政策を実行しても、この根本的な部分を日本人の心に復活させないと、完全には再建出来ないように思いました。


日本は、以前のブログに書きましたが、日本は、神話から始まり、現在まで2672年もの世界一長い歴史がある世界にも類を見ない君主国家であるにもかかわらず、日本という国がいつ、誰が建国したのかという質問に正確に答えられる人は、100人に1人か2人しかいないそうです。

ちなみに、自分の生まれ育った国がいつ、誰が建国したか知らないのは、世界広しと言えど日本人だけだそうです。


これ以上めんどくさいことを書くと、読んでくれそうにもないのでこの辺にしておきますが、とにかく、自分の国の本当の歴史を勉強してみたくなりましたし、一人でも多くの人に伝えたいと思いました。

皆さんも是非、日本の本当の歴史に興味を持たれたらどうかなと思います。

結構、色々なCDとか、本も出てますし、講演などもありますし、今回お世話になった修養団でも、色々なイベントを行っているようですので、それらに参加して見るのが一番の早道かもしれません。


また、今回、日本人として、挨拶や整理整頓などの基本的な礼儀作法も教わりましたので、早速、家庭や会社で実践したいと思います。


日本の歴史や文化や生活習慣、礼儀作法などどれをとっても素晴らしいのに、それを何処かにおき忘れてしまっているということのようですので、みんなで探しに行きましょうということなのではないかなと思います。


まぁ、良い意味で、洗脳されてきました。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。