この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事なこと

仕事をするなかで、あの人は頭が良いとか、悪いとか、頭が切れるとか、切れないとか、言いますが、まわりをみてみると、頭が良く、高学歴で偏差値が高い学校を卒業しても、仕事ができない人、逆に、学生時代、勉強もせず、いわゆるバカだった人が、バリバリ仕事をしてたりします。

まぁ、仕事をする上で、頭が良く、色んな事を知ってるのはにこしたことはありませんが、それよりも大事なことがあるんじゃないかとずっと思っていましたが、今日、出張帰りに読んだ本にその答えのひとつと思えることが書いてありましたので、備忘録変わりに書きとめておきたいとおもいます。


『幼稚な人間とは、IQの数値が低いとか、多くの人が知っていることを知らない、などということではない。何が肝心なのかということが分からない者、肝心なことについて考えようとしない者を幼稚というのだ。』

めんそーれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。