この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

施工基準マニュアル

先日の名古屋掃除に学ぶ会に参加後、グリーンライフグループの施工基準マニュアルの最終打ち合わせを行いました。

メンバーは、住まいネットの日下部社長、そして、IGの立田部長と夢建築ホロンの安藤社長と私です。

私と日下部社長は、立場上、ご意見番で参加しましたが、実質的には立田部長と安藤社長が今まで何年もかかって作り上げた施工基準書を合体させ、皆に使いやすいようにカスタマイズするというものです。

しかも、これをIGさんが開発した独自に串刺し計画に組み入れ、グリーンライフグループ独自の仕様にカスタマイズしてくれます。


さて、皆さん、使いこなせるでしょうか?

というか、これを使いこなせない会社、使わない会社は、建築業をやっちゃ駄目でしょう。

という話になりました。

当たり前の事が出来ないからクレームや様々な問題が起きます。

これだけで完璧にできるという訳ではありませんが、単純に、この施工基準書通りにやっていれば、ほとんどの問題やリスクは回避できるような仕組みになっています。

実際に立田さんや安藤社長のほうで実績があるので言い訳は出来ません。


あとは、今までの間違ったやりかた考え方を捨ててやるかやらないかだけです。

「神様が宿る家」

という素晴らしい家(ハード部分)に負けないように、このようなソフト面を進化させていかなければいけません。

とりあえず、覚悟をもって取り組みましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。